編集室より > 編集室より
編集室からの便り

 このページは発行者から読者へのお便りのページです。
 最新の便りが上に来ています。
 前年度までの便りは、アーカイブで見られます。
 著者からの新しい原稿は、新着原稿に掲載します。



2021年の新年を迎えて                 2021年1月4日

昨年は新型コロナウイルス感染症の世界的拡大、いわゆるパンデミックの嵐が吹き荒れ、日本も例外ではなく厳しい状況に置かれ、国民もそれぞれ苦しい生活を強いられました。信仰者もその苦しみを共にしましたが、わたしたちキリスト信仰に生きる民は、それを信仰を鍛える試練として受け止め、そのような苦難の中で神を崇め、信仰を深めてきました。昨年の5月には「パンデミックの中のキリスト信仰」というメッセージを「誌友のページ」に載せましたが、そのメッセージは今年もそのまま誌友諸兄姉にお送りしなければなりません。今年もこの信仰によって、試練を克服し、この苦難の中で神の栄光がキリストにあって崇められるように祈って参りましょう。

昨年は感染防止のための協力として、3月から5月までの集会を休会としましたが、今年の冬もさらなる感染の拡大が心配され、集会を開くことが困難な情勢です。それで昨年12月の集会で、1月と2月は休会として、3月以降暖かくなって情勢が変われば集会の再開を考えようという方針が決められました。今年も集会が出来なくなる月が生じることを覚悟しなければならない状況です。それで集会が出来ない時にも、信仰の交わりを絶やさないために、オンラインでの集まりもできるようにしておきたいと願い、とりあえず1月と2月にオンラインの(インターネット利用の)集会を試みることにしました。オンラインでのリモート集会に参加する仕方については、「集会案内」のページを見てくださり、市川(075353 6288)までお電話ください。

世界が生存の危機に直面している現在こそ、ますます福音の証言の力強い進展が必要です。キリスト教会の内と外とを問わず、キリスト信仰に生きる民の福音証言が世界に響き渡りますように、神の恩恵と栄光が崇められますように祈って参りましょう。

                               市川喜一



今年度の集会予定については 「福音集会」の中の「2021年度の福音集会の予定」のページを、著作集寄贈運動については「出版案内」の中の「保存版普及活動」のページをご覧ください。



Top